協会の活動について

雇用・法人企業の会員さまへ

事前に面談・各種スキル教育イベントを実施
所属会員の業務スキル向上に努めています。

自己スキル診断、ビジネススキル指導、所属会員へのキャリア・カウンセリングなども実施、スキル基準の向上機会を導入。また、正会員は開業と専従を審査にて確認するため、業務における専門知見が副業やクラウドワークとは一線を画します。
 

納品・業務の完了までを協会が保証します。
紹介会員との業務契約も、協会が代行渉外。

万が一の不完了時にも、協会が別の所属会員をご紹介することで、納品・業務完了まで代行します。契約条件や成果規定、機密保守契約など業務上の法規についても、協会事務局がエージェント機能を果たします。
 

直接雇用契約による中間コストの削減
契約・料金目安は、集合知見形式なので、明快・迅速。

即戦力・社内教育不要のフリーランス人材を直接、必要な時のみ労働力として確保でき、契約/料金の形態が、パターン/ランク/種別ごとに、過去の知見が蓄積されて書式化されています。
 

フリーランス協会の所属会員の雇用実績は、
人材の優良活用企業として掲載・公示します。

非正規雇用が社会問題となっているなかで、フリーランス人材の登用・活用の公示は、社会へ与える影響力の向上に繋がります。「雇用関係によらない働き方」や「働き方改革」等と規定されるに至った活動への、対応策の実施例として、社会の内外へ告知する協働を行っています。

個人・フリーランサーの会員の方へ

「フリーランスと企業を結ぶ」交流会・イベントの企画運営
「フリーランスの社会認知 向上」シンポジウムの開催と提言

企業とフリーランサー、フリーランサー同士の異業種交流を目的としたイベントを企画・開催します。報道や統計への調査提供、社会制度への提言をしていくためのシンポジウムなどを主催して、社会に広く訴求します。
 

契約書の発行代行・フォーマットの無料頒布
所属会員の業務請負の目安料金を保証

日本フリーランス協会が推奨する契約や料金形式を採用する関与プロジェクトの場合、紹介された案件の料金や条件が、きちんと事前に保証されています。クラウドワーク型の公開型コンペティション、業務相場を著しく下げる金額、社会通念を軽視した業務内容の発注は、存在していません。
 

財務会計・確定申告などの指導・サポート
専門家・士業の紹介や、無料相談会の実施

定期的に開催される無料相談会で、財務会計や知財権など、業務拡大に関する知識が補完でき、希望する会員には、会員同士による専門資格保有者の各種・優先紹介が受けられます。
 

協会所属会員・紹介案件による信用力の向上
業務着手金・支払サイトのサポート(希望制)

案件の交渉・紹介は当協会が行うので、与信についての不安が軽減されます。また、希望する会員には、中〜大規模の業務請負における仕入の補助を目的とした、互助制度があります。